風雪の影響 LED信号にも

2月22日、暴風雪警報は解除となったものの、強い冬型の気圧配置により雪が降り続く弘前市。市内の一部のLED信号機では、着雪で信号の点灯が見えにくくなっていました。省電力、長寿命などのメリットが多く普及が進むLED信号機ですが、発熱量が少なく着雪が溶けないためこうした課題が残ります。同じ時間帯、同じ向きでの従来の電球式の信号機との比較と合わせてご覧ください。

2,382 views
カテゴリー: 天気, 風景
スポンサーリンク
弘前ライブニュース applestream(アップルストリーム)|無料ニュース情報サイト