四の丸の大雪像 削り出しスタート

1月20日、弘前公園四の丸で、来月8日から始まる第44回弘前城雪燈籠まつりの目玉となる大雪像の削り出しが始まりました。今年の題材は国指定重要文化財の旧弘前偕行社。制作にあたっている陸上自衛隊弘前駐屯地の協力隊長を務める工藤義利1尉が、雪の少ない今年必要な雪を確保するうえで苦労した点や、旧弘前偕行社を雪で再現するために工夫している点などをインタビューで答えてくれました。またブルーシートに覆われた削り出しの様子も見せてくれたのでぜひ動画でご覧ください。
大雪像の完成は2月7日。まつり開幕の8日には市に引き渡されます。

418 views
カテゴリー: 弘前公園


このカテゴリーの人気記事