郷土文学館で企画展「岩木山と文学」が始まる

1月12日、弘前市立郷土文学館で第44回企画展が初日を迎えました。開館30周年の節目となる今回の企画展のテーマは「岩木山と文学」
明治期から現在に至るまで津軽の地を訪れた文人や、地元津軽の文人たちが、名山・岩木山について書き綴った貴重な資料を詩情豊かな写真とともに紹介しています。
期間は1月12日から12月28日まで。館内では今回の企画展の為に制作されたDVDもご覧になれます。
企画展初日の様子をご覧になり、気になる方はぜひ弘前市立郷土文学館まで足をお運びください。

419 views
カテゴリー: 郷土文学館



このカテゴリーの人気記事