2019年 最後の競りも活発

弘果弘前中央青果で、今年最後のりんごの競り・止市が開かれ、
約12000箱が競り人の威勢のいい掛け声とともに競り落とされました。
今年は干ばつなどの影響で、昨年に比べ数量が伸びませんでしたが、
味の良さから価格は上々で、特に主力品種のサンふじは過去10年で一番の高値とのことです。

355 views
カテゴリー: りんご



このカテゴリーの人気記事